薬剤による解消方法

トイレつまりを見つけた時は

トイレがつまってしまうと、用を足すことができないために、日常生活に支障が出ます。もしもトイレつまりを発見したなら、早めに対策を行いましょう。薬剤を利用すれば、自分でトイレつまりを解消することができます。液体タイプや粉末タイプなどが販売されていますので、薬剤の種類は豊富です。ただし、それぞれの薬剤によって使用方法が異なりますので、必ず説明書を読んで確かめましょう。トイレの中に流し入れて、しばらく放置した後に、水で流す方法が多いです。説明書に記載されている薬剤の分量や、放置する時間を確認することがポイントです。レバーを引いて一気に水を流すよりも、バケツから少しずつ水を注いだ方が、トイレの水が逆流する心配がありません。

薬剤を購入する場合には

日頃から薬剤を用意しておけば、トイレつまりに備えておくことができます。トイレつまりに適した薬剤は、スーパーやホームセンターなどの店舗だけではなく、通信販売を利用して購入することも可能です。尚、トイレつまりの原因によって、最適な薬剤は異なります。トイレットペーパーや異物が原因のトイレつまりには、アルカリ性の薬剤が適しています。けれど、頑固な尿石が原因でトイレがつまった時は、酸性の薬剤を利用しましょう。新たに薬剤を購入する場合は、使用目的や効果について確かめることが大切です。尚、トイレつまりの薬剤を使う前に、必ず窓やドアを開けておきましょう。換気をしながら、トイレつまりの作業をすることが肝心です。