ぬるま湯と重曹による解消方法

トイレのつまりがぬるま湯と重曹で解決出来る場合がある?

意識せずトイレを利用していたらつまってしまい水が溢れそうになったという経験がある人はいませんでしょうか。場合によっては、家庭でも用意出来るぬるま湯と重曹等を利用して解消出来る場合があります。そのケースというのは、トイレットペーパーの使い過ぎや便のつまり等といったケースに限られます。これ以外の要因が思い当たるという人は業者を呼んだほうが良いでしょう。 また、この方法を使って解決しようとする際には、ぬるま湯と重曹以外にもお酢、もしくはクエン酸が必要になる点も注意が必要です。ぬるま湯の温度にも気を付けてください。あまり温度が高くなりすぎると、便器のひび割れの原因になり、便器自体を取り換えなければならない可能性もあります。目安としては、45度を超えないように設定してください。

具体的にどうすればいいの?

まず、便器の半分程度を埋められるようなぬるま湯を用意します。次に、そのぬるま湯の量にもよりますが、おおよそカップ4分の1、50g程度の重曹をトイレの水の中に入れます。その後、お酢かクエン酸をカップ2分の1、100ミリリットルトイレの水に投入します。その2つを入れた後に、最初に用意したぬるま湯を入れ、泡立ってきてから1時間程度放置しておきます。放置した後泡が落ち着いてきたら、やや高めの位置から水をバケツで少しづつ流していきすんなり水が流れるかを確認します。これで水がスムーズに流れていけばつまりが解消している証になります。この際には重曹とお酢等が反応して炭酸ガスが発生するので、換気をきちんとする事や、タンクから水が流れないように止水栓もしくは元栓を閉めておく事を忘れないようにしましょう。