トイレつまりの料金

自分で解消する場合の費用

トイレつまりは、トイレのトラブルでも特に多いものですが、水が流れないと使用することはできません。それゆえに早急な対策が必要です。
トイレのつまりはトイレットペーパーの流し過ぎによるものが多くなっています。この場合であれば、特に何もしなくても紙が水に溶けるのを待つだけで解消できることも少なくありません。しばらく放置して、少しずつ水を流し改善されているかを確認してみましょう。無事つまりが解消できていれば特別な費用は掛かりません。市販のラバーブラシやワイヤーブラシも解消に役立ちますが、自宅にない場合は新たに購入する必要があります。購入した場合は1000円から数千円程度の出費になることは理解しておきましょう。一度購入しておけば、繰り返し使うことができます。

業者に依頼する場合の費用を知る

いろいろな努力をしても、やはりつまりが解消できない場合は業者に依頼することも考えることになります。この場合はいくらぐらいの費用が発生するのかも気になるところです。軽いつまりであれば数千円程度の費用ですむこともありますが、便器を取り外すような大掛かりな工事となった場合は数万円程度の出費が必要となる場合もあります。さらに、交通費や出張費が加算されることもありますので、交通費や出張費が必要か無料で対応してくれる業者かはよく確かめておきましょう。そして、作業前には見積もりが出されることが一般的です。キャンセルもできますので、金額が高すぎる、納得できないという場合はキャンセルも考えていきます。見積もり金額以外に追加費用が発生しないかも確認しておくとより安心です。